ACTIVITIES 技術関連活動

現環境最強のテーブルデータ向けモデルTabPFNの紹介

初めに こんにちは。技術開発 Teamの福嶋です。皆さんはテーブルデータの分類タスクを行う際どのようなモデルを使っていますでしょうか? 当社においては、初手としてLightGBMやXGBoostなどの勾配ブースティング木(GBDT)を用いていることが多い印象です。 ChatGPTやStable Diffusionなどテキスト・画像データに対して

生成モデル(LLM)を用いた論文要約システムの構築~セキュリティ領域の論文の情報抽出を効率化してみた~

はじめに ARISE analyticsの奥井です。普段は通信セキュリティに関する研究開発を行っています。 今回の記事は、Large Language Models(以降LLM)を用いて論文PDFに対するQ&Aについて試してみたことを紹介します。 未経験分野に挑戦する際は、不明点が多く何を行うにも困難が伴うと思います。特に、技術開発や研

Serverless FrameworkとTerraformの使い分けについて

Marketing Solution Division所属のエンジニアの坂本です。 FaaSデプロイの悩み 早速本題ですが、AWS Lambdaのデプロイについて悩んでませんか? 特に検索で飛んで来た方は様々なツールや管理方法を模索しているのではないかと思います。 現行のクラウド管理はIaCを使うことがほぼほぼスタンダードになっており、Ter

LLM時代に人は対話AIを信頼できるか?Human Agent Interactionの視点から考える

はじめに こんにちは、DX Technology Unitの芹澤です。以前は「RAG (Retrieval Augmented Generation) を活用!LLMで外部データを参照する方法を解説」という記事を書きましたが、今回もLLMに関連する記事をお送りします。 弊社では、業務時間のうち週に3時間まで自己研鑽に充てて良いという制度があり、各々興

RAG (Retrieval Augmented Generation) を活用!LLMで外部データを参照する方法を解説

はじめに はじめまして、DX Technology Unitの芹澤です。普段はAI関連技術を用いた研究開発に携わっています。 昨今、ChatGPTを初めとした大規模言語モデル (Large Language Model; 以下LLM) が話題になっており、様々な質問に対して非常に優れたアウトプットが得られるようになりました。一方、LLMを企業で使用す

123...10

Contact Us

ご依頼・お問い合わせなど
お気軽にご連絡ください

お問い合わせする

Contact Us

ご依頼・お問い合わせなど
お気軽にご連絡ください

お問い合わせする