ABOUT 企業情報

MISSION ミッション

Best Partner
for innovation,

Best Creator
for the future.

AIを始めとした高度なアナリティクスや先端テクノロジーは、あくまで手段ではあるものの、
未来を切り拓く大きな可能性を秘めていると確信しています。
私たちは、お客さまの業務や課題を深く理解し、アナリティクスやテクノロジーを活用したイ
ノベーションにより、お客さまと共に課題解決をする“ベストパートナー”であり続けます。
また、まだ見ぬ未来に向けて、産業・社会・文化の進展に貢献する“価値創造者”であることを目指します。

  • Best Partner 伴走

    お客様の事業拡大に伴走し、
    お客様自身の自走も促します。

  • Best Creator 共創

    お客様と共に新しい事業を
    創造します。

CORE VALUE コアバリュー

私たちは、世界最先端の
アナリティクスカンパニーを
目指しています。

ARISE
  • AMBITION 変革を起こす

    社員全員が自社の発展を目指し、熱意をもって仕事に取り組む。
    失敗を恐れずチャレンジし、世の中に変革をもたらすことで、よりよい社会を創り出す。

  • RESPECT 尊重し合う

    自分ができることを惜しみなく提供し、成功の喜びを共に分かち合う。
    関係するすべての人の多様性を認め合い、傾聴し、一人一人の貢献を尊重する。

  • INTEREST 好奇心を持つ

    目的意識を持って知識・技術の習得に励み、自己研鑽し続ける。
    既定の枠にとらわれず、好奇心を持って新しいことに挑戦する。

  • SINCERITY 正しいことをする

    コンプライアンスを遵守し、誠実・謙虚に振舞うことで、周囲からの信頼を築き上げる。
    他人や環境のせいにせず、自分自身と向き合い決断し、行動する。

  • EXECUTION 完遂する

    スピード感を持ち、主体的に物事を推進する。
    プロフェッショナルとして誇りを持ち、価値創出にコミットする。

COMPANY 会社情報

ARISE analytics, inc. 株式会社 ARISE analytics

代表者
代表取締役社長 
家中 仁
設立
2017年2月27日
主な事業内容
データ分析、アルゴリズム開発、
及びDMP、AI、IoTソリューション導入支援などの
アナリティクスサービスの提供
資本金
2億円
株主構成
KDDI (85%) アクセンチュア(15%)
本社所在地
東京都渋谷区渋谷2-21-1

HISTORY 会社沿革

  • 2020年1月

    「KDDI Open Innovation Fund 3号 AI Fund Program」
    の出資先であるDeeping Source Inc.との協業を開始

  • 2019年11月

    会津若松市における都市OSとの機能連携に関するヘルスケア領域の
    実証研究をNEDOから受託

  • 2019年11月

    位置データやIoTデータを活用した商品・サービスの需要予測モデル
    「Intelligent Demand Forecast」を開発

  • 2019年11月

    「データサイエンティスト育成オンラインプログラム」を開発、提供を開始

  • 2019年10月

    「KDDI Open Innovation Fund 3号AI Fund Program」
    の出資先である株式会社オプティマインドとの協業を開始

  • 2019年6月

    画像解析技術(AI)を業務適用した際の解析精度検証サービス
    「Quick Image Analysis」の提供を開始

  • 2018年6月

    工場の生産性向上を実現する故障予兆検知ソリューションの提供を開始

  • 2018年5月

    コミュニケーションを可視化する仮想センサプラットフォームの実証実験に参画

  • 2018年4月

    「KDDI Open Innovation Fund 3号」投資プログラムに参画

  • 2018年1月

    ショッピングセンターをはじめとする導線解析実証実験に参画

  • 2017年3月

    KDDIグループへのデータ分析支援開始

  • 2017年2月

    株式会社ARISE analytics設立

MESSAGE メッセージ

  • デジタルトランスフォーメーションを実現する新しいイノベーションを

    ビッグデータや、IoT、AI 等のテクノロジーの進化に伴い、あらゆる産業はデジタルトランスフォーメーションの影響を避けることができない時代になってきています。

    ARISE analyticsは、KDDI、アクセンチュア、パートナ企業から、様々なスキルを持った「ヒト」、「モノ」、「データ」が集まり、新たな価値創出に向けた取組みを進めている企業です。

    データを活用した意思決定の高度化(経営指標将来予測等)、AIを活用した業務の高度化(接客可視化、広告ターゲティング等)、最新テクノロジーを活用した顧客体験価値向上(AIチャット等)、IoTデータを活用した新規事業提案など、最先端のデジタル技術を駆使し、企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

    代表取締役社長
    家中 仁

HEALTH MANAGEMENT DECLARATION 健康経営宣言

株式会社ARISE analyticsは、コーポレートミッションである「Best Partner for innovation, Best Creator for the future」の実現のためには、社員一人一人が健康で最高のパフォーマンスを発揮することが必要であると考えています。2018年度には「健康企業宣言」を行い、健康診断の実施はもとより、職場での運動や社員のメンタルケアなど社員が健康に働けるための職場環境づくりを推進してまいりました。2019年度以降は、さらに、社員の健康維持・増進に努めることを重要な経営課題の一つと捉え、社員一人一人が心身共に健康で活力のある集団となることを目指して、健康経営を推進することを宣言します。

代表取締役社長
家中 仁
  • 社員の健康管理の充実

    ARISE analyticsは従業員が健康を維持し活き活き働けるよう、健康管理を徹底します。特に定期健康診断は、受診率100%を目指し、人間ドック・乳がん検診等の費用補助を行い、「有所見者」が発生した場合は医療機関への早期の受診を勧める体制を整えています。KDDI健康保険組合と一体となって、社員とその家族の健康を推進しています。

  • ワークライフバランスの実現に向けた取り組み

    フレックスタイム制度、テレワーク勤務等、多様な働き方を推奨しています。また、長時間労働対策として長時間労働者の部門長会議での報告・対策検討、勤務間インターバル制度の導入や有休取得の推進等、「働き方改革」を推進しています。

  • メンタルヘルスケアの推進

    ストレスチェックの実施は勿論、パルスサーベイや1on1を導入し社員の心身のコンディションやキャリア志向・抱えている問題などを把握しよりよい職場実現を目指しています。また、産業医とも連携し、メンタル及びフィジカル不調者の早期発見、対応を推進しています。

この他、食生活に関するセミナー開催や時季に応じた健康情報を社内SNSで発信するなど、社員の健康と生産性の向上を追求して参ります。

「健康経営優良法人2021」

社員が健康に働ける職場環境作りが評価され、2021年3月4日、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人が顕彰される「健康経営優良法人2021」に認定されました。

「健康優良企業 銀の認定証」

健康企業宣言東京推進協議会が定めた「評価基準と確認方法」に基づく審査をへて、それら取り組みが評価され、2019/7/2に「健康優良企業 銀の認定証」が交付されました。