INTERVIEW インタビュー

優秀なデータサイエンティストが多数在籍する、刺激的で洗練された環境

データアーキテクト 大竹 基

自ら提案し「Infrastructure as Code」に取り組む

もともとPCや機械が好きで、学生時代からWebやデータベースの勉強をしていたことから、エンジニアの道に進みました。新卒で入社したSIerの会社では、Webサービスの開発に従事。その後、データサイエンティストという言葉が流行りだした頃に、お客さま先でデータ分析の専門の部署を立ち上げることになり、そこに参画させてもらいました。それがきっかけとなり、以降はデータビジネスを専門に、データ分析やシステム開発に携わってきました。いくつかの企業を渡り歩く中で、さまざまな分析プラットフォームの構築を経験。その経験を生かして、より自由で洗練された環境で腕を磨きたいと思い、転職エージェントに相談したところ、「優秀なデータサイエンティストが揃った新進気鋭の会社」として紹介されたのがARISE analyticsでした。

ARISE analyticsに入社した後は、分析環境の高度化やお客さまの要望を元にシステム基盤の構築などに携わりました。現在は部門内のインフラ案件のプロジェクト推進をしつつ、「Infrastructure as Code(以下、IaC)」と呼ばれる、システムの基盤をコードで管理するための取り組みに従事しています。IaCにすることで、今まで手動で作成してきたサーバやそれらの設定作業をコードで管理して自動で構築できるので、ARISE analyticsが開発したサービスを高速かつ高い品質で、お客さまに展開することが可能になります。実は、IaCの取り組みは私が会社に提案したもの。こんなことをやってみたいと提案すると、チャレンジさせてくれる自由さが、ARISE analyticsにはあります。

関係者全員を巻き込み、みんなが納得するモノを作り上げる

インフラ案件の開発に携わる魅力は、自分たちにとって理想の環境をデザインしていけることです。データビジネスという形態上、インフラにはセキュリティなどさまざまな制約がつきものです。そういう前提条件を考慮した上でいろいろな観点を持った人たちの要望を聞いてまとめ、アーキテクチャを描いていくことに大きなやりがいを感じています。実際に自分がきっかけで稼働している案件を見ると、嬉しいですね。

その反面、リリースにこぎ着けるまでには多くの苦労があります。分析プラットフォームの構築は、他のシステムに比べると分析者、営業、マーケター、データアーキテクト、監査など関係者が多く、さまざまな意見の対立が発生するからです。それを収めるのは容易なことではありません。ですが、私はとにかく間口を広げ、関係者を巻き込むことにしています。関係者自らが設計に参加したという当事者意識を生み出すことは、大切なことだからです。私だけの考えでも素晴らしいアーキテクチャを作る自信はありますが、それでできたものは独りよがりで、みんなの納得感は得られません。

だからこそ、関係者の意見をすべて聞き取り、できること、できないことを明示して、自らの責任でみんなが望むアーキテクチャを具体化しています。これまで複数の会社で経験してきたことですが、何度やっても胃が痛くなってしまいます。ですが、それほどの苦労があるぶん、やりがいも大きい。だからこの仕事を楽しく続けられているんだと思います。

魅力的な制度があり、優秀なデータサイエンティストと共に働ける

ARISE analyticsで働く魅力は、先にも挙げたように優秀なデータサイエンティストと共に働けること。非常に刺激的な環境です。また組織の行動力、スピード感も魅力の一つです。私が入社した当初はまだ組織が小さかったので、申請フローがシステム化されていなかったのですが、あっという間に整ったり私たちが出した要望がすぐ実現したり、通常の会社なら年単位で進むことが、数日単位で実行されるのです。

さらに、社内環境を整える制度が多数用意されているのもARISE analyticsで働く良さ。例えば「おせっかいファミリー」という仕組みもその一つ。いろいろな部署からなる“ファミリーメンバー”と呼ばれる社員が、新入社員や既存社員と1対1でコミュニケーションを取る交流の場があります。「この人と仕事をしたい」「こんな仕事にチャレンジしたい」と話すと、次の日にはアポを取って、直接話す機会を用意してくれたこともあり、驚きました。こういう仕組みが整っているからこそ、すぐやりたいことにチャレンジできるんだと思います。

今はまだアーキテクチャ全体を設計するような機会がないので、今後はより大規模かつ高度なシステムのアーキテクチャを描き、構築していきたい。そしてそのためにも技術力を磨くことはもちろん、マネジメント力や人を動かす力を身につけていきたいですね。